デジタルデータとして残すなら

写真もデジタルの時代なので、印刷せずにデータで残す人も増えています。データで残すメリットは、大量の写真もコンパクトに収納できることがあげられます。パソコンやハードディスクには大量のデータを保存できますが、機器が故障してしまうと大切な写真も全て失われるというリスクがあります。さらに、操作ミスで大切な写真が消えてしまうこともあるので注意が必要です。より確実に残すのであれば、DVD-Rなどにバックアップも取っておくとより安心です。最近は、ネット上に写真を保管できるサービスもあるのでこちらも併用することも考えてみましょう。ネット上では情報漏洩のリスクもありますので、信頼性の高い業者を選ぶことが大切です。

実物の写真も残しておこう

デジタル写真は印刷なしでも、画面で楽しめるのがメリットです。とはいえ、本当に大切な写真は実物で形として残しておくこともおすすめです。自宅のプリンタでも印刷は可能ですが、コストは高くなりがちです。クオリティの高い印刷を安く利用するなら、オンラインのプリントサービスも活用してみましょう。写真としてそのまま印刷することはもちろん、カレンダーや年賀状などの作成も簡単にできます。このほかでは、フォトブックも人気です。レイアウトなどが難しいイメージもありますが、テンプレートも充実しているので初心者でも簡単にセンスの良い写真集を作ることができます。子供の成長記録やウエディング、旅行の記録などテーマごとに作成できるのもフォトブックの良いところです。

スマホの中に写真がたまって整理したいときに活躍するのがフォトブックです。各社の出しているアプリなどを使って気軽に編集でき、おしゃれなレイアウトのアルバムを作ることができます。