良い印象を与える腕時計

腕時計は、男女を問わずに「時間に正確だ」「しっかりしている」という良いイメージを抱かせます。また、腕時計のブランドやデザインなどから身に付けている方の人となりを推測されることもあります。海外ではその兆候はより強く、どのような腕時計をしているかによって個人の性格や働き方などを見定める、という文化も存在します。

日本でもそれなりに良い腕時計をしていると、仕事ができそうな印象を与えることは可能ですが、身の丈に合った腕時計を選ばないと逆効果となるため注意が必要です。無理に背伸びをするとその姿は不自然に映りますので、高級時計が欲しい方は、ブランドの中にあるお手頃価格の時計をチェックしましょう。まずはそこから始めて自分の成長と共に腕時計をチェンジしていくことをおススメします。

女性はアクセサリー感覚を楽しめる

また、女性向けの腕時計はデザイン性の高いものも多く、ブレスレットのようにアクセサリー感覚で身に付けることができます。色や素材によっては与える印象も異なり、腕を華奢に見せてくれる腕時計もありますのでファッションの一部として楽しむのも良いでしょう。エレガントな雰囲気を醸し出すことも可能ですので、女性らしさをアピールしたい方はアクセサリーを選ぶように腕時計を選んでみてはいかがでしょうか。

そして、女性らしさよりも仕事ができる印象を与えたい、そんな方には素材に革を選ぶことをおススメします。皮の素材は知的な印象を与えるので、黒やブラウンの皮ベルトを使用した腕時計をチョイスしましょう。革素材でもレディースの腕時計は堅苦しくなく、細身でデザインされていますのでプライベートでも活用することができて便利です。

IWCは、1868年にスイスで創業した時計メーカーです。専門店で各モデルを購入できるほか、中古市場でも流通しています。