顔に合ったサングラスの選び方とは

サングラスは目を紫外線から守る役割やファッション小物の1つとして使用するなど、個々に活用方法は違います。どちらの理由でも自分に似合うサングラスを選びたいものですよね。サングラスの選び方はフレームとその印象が重要です。特にフレームの上辺と眉のラインのバランスに注目してみると、フレームから眉毛が出すぎず程よく見えるサングラスを選ぶことがすすめられています。

顔に合ったサングラスはこの選び方も参考なりますが、ブリッジやテンプルの太さの他に顔の輪郭にあっているかも重要です。丸顔の人はスクエア型を選ぶとすっきりと見え、面長顔の人はシャープな印象からウェリントン型やティアドロップ型、四角顔の人は柔らかく落ち着いた雰囲気を醸しだすボストン型が似合います。三角顔の人はボストンやスクエア、ブローなどがフェイスラインを引き立たせてくれます。

サングラスの効果と紫外線

サングラスの効果はUVカットサングラスの場合、紫外線から目を守ることが最大の役割です。紫外線カット率が99パーセントのもので紫外線透過率が1パーセント以下のものが効果が高いといわれています。フレームが大きいほど広範囲の紫外線から目を守ることが出来ますが、顔にフィットするくらいの大きさがベストです。また紫外線は太陽からの照射だけではなく、地面からの照り返しにも含まれています。レンズの色の濃度が高いほど紫外線から目を守り瞳孔の開きを抑制しますが、より瞳孔の開きを抑制させるには薄い色も効果があるのです。

サングラスは日差しを避けるだけではなく、目に入る紫外線をカットするなど目の保護にも役立ちます。黒色など色の濃いのタイプが苦手な場合には、紫外線防止効果のある透明のタイプもあるので検討しましょう。